忍者ブログ
当ブログはPCからの閲覧を想定しております。 初めての方はプロフール欄の『取扱説明書』をクリックしてご一読くださいますようお願いいたします。
プロフィール
HN:もみじ
性別:男の娘
職業:ラン錬職人
趣味:チャット・しぐさ遊び
自己紹介:
取り扱い説明書あります。
私、地雷でしてよ?

このブログは株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
最新コメント
[10/22 アナザー]
[10/21 アナザー]
[06/20 あいり]
[06/20 けいたろう]
[05/26 しゅーちん]
更新楽しみにしています♪
忍者カウンター



カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
バーコード
P R
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はんまぁのススメ

おはようございますヾ(o´∀`o)ノ
あるいはこんにちはヾ(o´∀`o)ノ
もしかしてこんばんわヾ(o´∀`o)ノ

顎関節症の悪化から数日経ちますが、相変わらず食事が辛いです。
まぁ、痛みが少ない噛み方というものにもなれてきたので多少は食事がとれているのですけど。
鎮痛剤と消炎剤を飲んでるのですが、さっぱり痛みがひきません。
早く治って欲しいものですね。
美味しくごはん食べたい。
もみじです。

さてさて、このところ日替り討伐はフォレスドンさんを対象にしたものばかり買っています。
他の討伐も色々見てはいるのですけど、自分の使えるスキルや職にバッチリはまるのがフォレスドンさんくらいなんですよね~。

経験値もそれなりですし、1stエルフさんの僧侶よりも先にもみじの戦士やパラのLvが上がってしまいそうな勢いですw

以下はタイトル通り『ハンマースキルいいよ!』っていうステマ記事ですw

ハンマーにスキルポイントを42ほど振れば使える『MPブレイク』。
プランさんがバズズに使って酷い目に遭ったという記事が私の中では鮮烈に残っているこのスキルなんですけど、使いどころを間違わなければ結構すごいスキルだと思うんですよね。

例えば私がやってる日替り討伐のフォレスドンさん。
おたけびとザオリク、ベホイミなんかが鬱陶しいことこの上ない相手ですが、MP切れたらこの3つは使えなくなります。
つついてくるだけの大きいただの鳥に成り下がりますw
もみじの攻撃力は300程だったと思うのですけど、通常状態でも4発殴ればMPを吸いきれますし、バイキが入れば2発でMPを吸いきります。
体当たりやキャンセルショットを使うよりも確実で、MPブレイクさえしてしまえば、あとはサポに任せて余所見できるほど楽w
MPを吸うという点では、スティックや杖での打撃やマホトラなんかも有効かと思いますが、MPブレイクは自分のMPが回復しないかわりに大きく敵のMPを削れるのがいいところだと思います。
しかも消費MP0ですしねw

あと、これは妄想ですけど、コロシアムでの戦闘。
武闘家さんなんかは、パッシブ切られるからMPが低くなると思うのですけど、その状態でバイキかかったMPブレイクをされたら・・・?
ただでさえ硬くて相性が悪い部類のパラが更に面倒な相手に成り得ませんか?
まぁ、私はコロシアム行ってないからその効果の程はさっぱり分からないのですけどw
タイガーが使えなくなった武闘家さんを放置して、他の対戦相手を狙うというのは有効な戦略に成り得るのかな・・・?

なんてことを思いながら、ぼんやりと今日もフォレスドンさんを討伐してくるのですw

それでは皆様、次回更新まであでゅー(*´∇`)ノシ マタネ~♪


おまけ

さて、そのフォレスドンさんを討伐してるときにこんな現象がおきました

お分かりいただけるでしょうか?
うっすらと写っているもみじがw

エンカウントした瞬間、私自身がもみじを見失ったんですよねwww
攻撃はできるし、ダメージも受けるから、よく画面を見てみるとうっすらともみじが見えました。
いつのまに光学迷彩を実装したんですか.....∑ヾ(;゚□゚)ノ

戦闘終了後、無事に光学迷彩は解除されましたけど、何だったんだろう??
PR

Happy Birthday ♪

おはようございますヾ(o´∀`o)ノ
あるいはこんにちはヾ(o´∀`o)ノ
もしかしてこんばんわヾ(o´∀`o)ノ

昨日、ネット環境が無事に復活しました♪
通信状態を体感しておこうと思い1鯖行ったりしてみましたが、やっぱテザリングのときよりもずっと安定してますね~♪
さっそくレンダーシアへと旅立ちました。
もみじです。

まぁ、とは言ってもですね、ストーリーを進めたって訳ではなくてですね。
フレさんから誘われたり誘ったりすることが多いと思われるピラミッドだけ行けるようにしてきました。
ええ、初回の必ず当たり枠が出るボーナスで無事に飾り両手剣を引き当てる引き弱っぷりでしたw
引越し前にしづるもピラミッド行ったけどアクセ出なかったし、何かしらのアクセが貰えるのはいつになることやら・・・

続きます。



染色迷走

おはようございますヾ(o´∀`o)ノ
あるいはこんにちはヾ(o´∀`o)ノ
もしかしてこんばんわヾ(o´∀`o)ノ

神兵買って染色もしたのですけど、昨日の記事にも書いた通りカラーリングを悩んでまして。
そんなに高くない花が私の使いたい色だったので、結局3種類全部試してみました。
無駄に散財。もみじです。

そうそう。
昨日の記事中でミモザ試したいって書いてたけど、試したかったのはオリーブでしたw
ミモザだと1つ3000Gですが、オリーブは100G。
圧倒的価格差w

以下は神兵買ってカラーリング試したい人の参考になれば幸甚です^^

まずは、昨日の記事にも出てきたアメジスト。

もみじは斧をシャーマンアックスにドレスアップしているので、武器も含めて全体の配色が紫系でまとまるところがお気に入りです。
もう少しエヴァ初号機っぽい配色にしてみたかったのですけど、縁取り部分をアクアマリンとかにしてみたら、色を変更できない部分と近似色になっちゃう所為か、ぱっとしなくなっちゃいまして。
かえって染色しない方がそれっぽい感じでした。

続いてレッド。

これはスカート部分との色のバランスが良くてお気に入り。
武器にも赤系の色が入っているので、思ったほど違和感を感じなかったのが良かったです。
エヴァ弐号機って言われちゃいましたが、シナンジュのイメージでしたw

最後にオリーブ。

初号機と弐号機のカラーリングも悪くないっていうか、とても好みなんですけど、どうしても気に入らない点が1つだけありまして。
『もみじのクセに強そう』
これが一番の違和感でしたw
大軍を指揮しちゃう将軍のような見た目がどうにも私の中のもみじのイメージと合わなくてですねw
オリーブは縁取りもバニラに染色しまして、イメージはギラ・ズール(親衛隊機)です。
この、威圧感を抑えた感じがとても気に入りました。
強く見え過ぎないトコが特にお気に入りですw

ちなみに

色を変更できない部分もあまり違和感を感じないのがいいですね^^

武器を外すと背中はこんな感じですね


そうそう。
染色は1部位375Gでした。
アメジストにした際には花5000G+染色代1875G
レッドにした際も同額。
オリーブにした際にはオリーブ5000G+バニラ10000+染色代3750G

もみじの貯金は底を尽き、金石を売って染色をしましたw
満足したので、当分の間このオリーブ神兵でアストルティアをフラフラしようと思います♪

それでは皆様、次回更新まであでゅー(*´∇`)ノシ マタネ~♪

2013大晦日

おはようございますヾ(o´∀`o)ノ
あるいはこんにちはヾ(o´∀`o)ノ
もしかしてこんばんわヾ(o´∀`o)ノ

未だにネットへの接続は型落ちスマホのテザリングに頼っているので、PTプレイ等してると遅延が酷くて悲しくなります。
ロボや悪霊のような複数の敵と混戦するような戦いでは魔法のエフェクトが表示されなかったりすることもザラでした。
そんな状況でも普通に誘ってくださるフレさんがいてくれて幸せなアストルティア生活を送っております。
もみじです。

写真を撮るとその保存にまたえらく時間がかかるので、このところあまり写真も撮ってないのですけども、少ない最近の写真を並べてお茶お濁したいとおもいますw

写真は大した量じゃないと思いますがたたみます。



真・災厄の王に勝ちたい

おはようございますヾ(o´∀`o)ノ
あるいはこんにちはヾ(o´∀`o)ノ
もしかしてこんばんわヾ(o´∀`o)ノ

真・災厄の王に連敗中のしづる。
はりきって耐性装備とかも揃えてみたのに未だに勝てません。
(といっても挑んだのは2回だけですが)
しかし、私はどうしても勝ちたい。
勝つために努力をしたい。

このやる気を現実世界で活かせたら、きっと私はもっと大成してただろうに・・・。
オンもオフも残念極まりないですね。
もみじです。

さてさて、今回の記事はここをご覧の方にはあまり関係のないお話です。
主に自分に向けた記事なのですが、真・災厄に勝てない・勝ちたいと思う方は何か感じていただけるかもしれません。

万人向けの記事ではないので、読みたい方だけ続きからどうぞ。





忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne