忍者ブログ
当ブログはPCからの閲覧を想定しております。 初めての方はプロフール欄の『取扱説明書』をクリックしてご一読くださいますようお願いいたします。
プロフィール
HN:もみじ
性別:男の娘
職業:ラン錬職人
趣味:チャット・しぐさ遊び
自己紹介:
取り扱い説明書あります。
私、地雷でしてよ?

このブログは株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
最新コメント
[10/22 アナザー]
[10/21 アナザー]
[06/20 あいり]
[06/20 けいたろう]
[05/26 しゅーちん]
更新楽しみにしています♪
忍者カウンター



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
P R
[15]  [21]  [13]  [19]  [12]  [11]  [10]  [9]  [14]  [8]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

怒涛の冒険が始まる

おはようございますヾ(o´∀`o)ノ
あるいはこんにちはヾ(o´∀`o)ノ
もしかしてこんばんわヾ(o´∀`o)ノ

もみじです。

さて、姉御とお嬢にフレになって貰い、チームチャット無くてもちょこっとだけ寂しくなくなったもみじ。
でも、基本的にあまりログインはして貰えてませんでした。

もみじは、知ってる。

中の人は飽きっぽいってこと(。´Д⊂) ウワァァァン!

と、思ったんですけど、偶然ちょっとだけログインしたリーダーを捕まえて、もみじをチームに入れてくれました。
ここら辺りから、もみじの怒涛の日々が始まります。

まず、荷物を整理しきれなくなったエルフさんの倉庫を建てるべく3万5千Gもの大金を送りつけられます。
『土地は1キャラにつき1箇所しか買えないから、もみじ名義で倉庫を建ててね~』
ってことらしいです。
しかもですよ、女の子らしく、オルフェアとか、ジュレットとか素敵な景観の土地を買ってくれるのかと思いきや
『荷物の受け渡しに便利だからエルフさん家の隣にしてね』
・・・お金はエルフさん持ちだから仕方ないのですけど、エルフさん家の隣の区画って、アレですよね?
湿原地区ですよね?
ジメッとした雰囲気で霧が出てて、その霧が滅多に晴れないあの湿原地区ですよね?
女の子が住むトコとしてどうなの?
とかちょっと思いつつ、渋々と土地を見に行くと・・・

ガラガラ・・・( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ふ・・・不人気にも程がある(。´Д⊂) ウワァァァン!
(ちなみに、この記事書いてる今もまだ1箇所も土地が売れてませんw)

仕方なく、本当に仕方なく2万で土地を購入。
1万で建物を建て。
5千で収納家具ともみじのベッド、職人設備を購入。
まさに倉庫!
必要なもの以外は何も無い家の完成です。
実はもみじのモデルは綾波レイなので、そんな殺風景な部屋も似合うなーとか中の人が思ってたのは内緒

まーいいです。
寝る場所ができたので宿代が浮くのは有難いですし。

で、そうこうしてるうちに大型アプデですよ。
新職も追加されて、迷宮というコンテンツが増え、俄然チームにも活気が戻って来た頃
『迷宮行って福引券貰ってきて~』
と、指令が下ります。
この指令が下って以降、毎日毎日迷宮行っては福引をすることになりました。

そんなある日、ふと思い立って酒場でLv1桁の盗賊ドワ娘を雇ってみる。
実は中の人がドワーフのストーリーを見たくてドワ娘も作っちゃったんです。
名前はたまも。

たまもが死んだら困るのでサポ僧侶さんを雇い、たまもに盗賊のイロハを教える為に盗賊さんも雇用。
最初は町の近場を散歩したのですけど、サポさんがとてもお強かったので

トコトコ~っとベコン渓谷までお散歩して


それから更にランドン山脈にもちょこっと登山して

(たまもを助けようとして、撃沈されたサポ僧侶さんの優しさに涙)

満身創痍で黒のキーエンブレムゲット。
Lv1桁の足手まといが居ても何とかなるもんですねw

それでは次回更新まであでゅー(*´∇`)ノシ マタネ~♪
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne